笑って歩こう!

2012年5月から新家族になった保護犬 笑歩(えぽ)と先住犬 りき&Zenの様子です

About we

家族はフラットコーテッドレトリバー りき10才、ノーフォークテリア Zen(ぜん)6才、ボーダーコリー 笑歩(えぽ)推定8才&2011年11月にお空に帰ったラブラドールレトリバー あみ 享年9才9ヶ月

わんSの話、ハハのお仕事話しを綴っています  

スポンサーサイト

Posted by ARZEmom on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えぽ、カイロの日

Posted by ARZEmom on   0 comments   0 trackback

今日はえぽくんカイロプラクティックを受けました。

りきの肩の不調から往診をお願いしていたのですが、あみの病気にも免疫力を上げ、代謝を良くすることもできるので施術していました。


一年過ごした預かり様の家から離れてしまったストレスもあると思います。
それにしてもロボットみたいな動きで関節の稼働域が狭い。
生まれつきかも知れないし、後天的な恐怖や不安によってかも知れない。
今となっては分かりませんが、できる事は精神面感情面でバッチとTタッチでどれ位えぽが楽になれるか。
プラス体に対してカイロでアプローチすれば相乗効果を期待できます。

日本でのカイロの資格ははっきり言って信用できませんが、来て頂いている先生は本場アメリカで資格を取得した方です。
おそらく日本でキチンと活動しているのは、この先生だけではないでしょうか。
通常の医療も行っているので西洋医学、東洋医学と両方の意見もいただけます。









かなり効いてるようです^^;

今回で三回目ですが、大分柔らかく稼動域が広くなってきました♪
体が柔らかくなれば、刺激に対する反応も過敏でなくなり余裕も出てきます。
精神的にも落ち着いてくるはず!
がんばろうねー、えぽ

スポンサーサイト

犬の言い分…

Posted by ARZEmom on   0 comments   0 trackback

えぽが我が家に来てから3ヶ月が過ぎました。

まったく吠えない静かなこ、嫌なことはジッと耐える様子は切なくなる時もあります。
(りき&Zenが吠えるサーっといなくなっちゃいます^^;)



こんなにくっついて仲良しなんですけどねー




しかし、ここ数週間にまた新たな発見が。。。

8月半ば、おやぢくんの腕を咬んでしまいました。
そして今朝、台所でワンズゴハンを用意している時にえぽが唸っているのを聞きました。
私がえぽを見ると、ばぁちゃんがえぽを撫でていて、唸り声を聞きその手をストップしました。
唸りは1度でしたが「どうしたの?」と再び撫でようとしたので、「撫でない方がいい」とやめてもらいました。

今までえぽは人に対して唸ったことはありません、おやぢくんを除いて。
おやぢくんに唸ったのも、私がおやつのアキレスをみんなに渡そうとトリーツボックスをガサガサしていた時でした。


えぽの唸り所、食べ物がからんだとき
それも待っているとき


えぽの過去は分りません、今分っているのは食べ物でストレスを感じたときに「声」として出るようです。
そして「声」で通じない場合は歯を当ててくる。

犬は人が使う言葉は使えません。
もちろん言葉に対する理解はありますが、人間が話すようにはできません。
愛すべきパートナーは私たちと種が違います。
犬たちは自分たちの言葉を使います。
それはボディランゲージであったり、吠えることだったり。

人が咬まれる時、それは犬たちに過度なストレスを与えている時です。
急に咬むわけではありません。
必ず理由があり、サインを出しています。
それを人が読めないことに原因があると思います。

赤ちゃんに散らかしたオモチャを片付けるように説教するのと同じで、何も教わっていない犬にあーしろこーしろと言うのは無意味。
言うこと聞かなかったらぶたれる。。。
それでも犬は人を許してきた訳です。
他の動物はそういう訳にはいきません。 まして野生動物だったら近寄りもしないか、先にヤルだけです。

と、話が少々ズレましたが^^;
このえぽの「唸る→咬みにつながる」は少しづつ無理をさせないようにする必要があります。
それはTタッチをやる時にも同じ。
えぽは我が家に来た時、皮膚がパンパンに張っていて動きませんでした。
柔軟性が皮膚、関節にない状態。
ボーダーといえば柔軟な動きでスポーツを一緒に楽しむといった印象を持ちますが、えぽの場合は真逆でした。
のんびりしている、というより動けない体です。


カタイからほぐしてやろーっとマッサージしたり、嫌がる場所(反応のある場所)を慣らそうと思ってやるのは逆効果。
犬たちの声を聞いてないことになります。
こんな小さなことから信頼関係は生まれてくるんですね~。


カタイ皮膚は何か刺激があった時にすぐ反応してしまいます。
反応に対する許容量がとても小さいんです。
毛がモサモサだから感じないでしょー、と思われるかもしれませんが毛も皮膚から伸びてきたもの。
馬の背中にハエが舞ったり止まっていたら尻尾で追い払う素振りをしますよね。
感覚は毛がなくてもあってもあります。
えぽも後半身に虫が止まろうものならメチャクチャ反応しています。
だいぶ体は柔らかくなってきましたが、後半身はまだまだ。。。
全身リラックス出来れば緊張やストレスが減り、反応が出にくくなっていくと思います。

ちょっとづつ進んでいこうね~、えぽくん


epo1

5月22日、我が家に来て5日目
神妙~な顔ですな

初ノーズワーク♪

Posted by ARZEmom on   0 comments   0 trackback

今日は初めて(多分…)ノーズワークレッスンに参加しました。

先生は神戸から毎年いらしている笠木恵子氏。
先生のレッスンは叱らない、楽しい内容です。




ノーズワークはオビディエンスが入ってない方が優秀な成績を修めることが多いそうです。

お話にも、ある優秀な探知犬がいて、写真を撮ろうと思ったらじっとするまでに30分かかったそうです

五感を使ったトレーニングは犬が生き生きして、とーっても楽しそう♪





ちょっとお疲れー


帰宅後はとっても疲れたのか、ソファの上で爆睡でした

那須へGo!!

Posted by ARZEmom on   0 comments   0 trackback

夏はあまり好きでない…

もともと夏は弱いのですが、犬飼いになってからもっとイヤになってます。

というのも花火の季節だから~

ロケット花火を深夜までやてっるワカモノ
トドメは一年に一度の花火大会!
寂れた最寄り駅が渋谷のハチ公前スクランブル交差点か?!と思うほどに混雑します。

で、打ち上げ場所はあろうことか川を挟んで家の真ん前…

昨年までは実家に避難してましたが、今年は三頭連れて那須のトレーニング施設に行く事にしました

朝5時に出発~8時前には着いちゃいました。
早朝でも暑いので休憩なしノンストップ。

10時にはレッスン開始です。


ハハ1人なので、交互に登場~


あとの方々は待機中です

えぽ2レッスン、Zen2レッスン、りきは1レッスン。

初日は何事もなく終わりましたが、2日め朝、りきがウロウロする音に目が覚めました。

嫌な予感が…

やっぱり…

ピーです…

午前中はZen2レッスン受け、午後からはえぽとりきのレッスンがありましたが、もちろんキャンセル。・°°・(>_<)・°°・。
那須の病院に連れて行き、処置が早かったので翌日はすっかり治ってました、良かったー


すべてのメニューはこなせなかったけど、今回の目的は花火避難だったのでまぁいいやね^^;

うちの子紹介 その4 あみ

Posted by ARZEmom on   0 comments   0 trackback

長女犬 あみ ラブラドールレトリバー
2002年2月2日生まれ  享年9歳9ヶ月
悪性の肥満細胞腫を発症し、発覚後1年7ヶ月がんばりましたが2011年11月28日虹の橋を渡りました。


pool 007



性格はとーっても食いしん坊で甘ったれ。
常にソファかクッションの上でないと寝られません。
散歩中に座る場所は、私の足の甲の上。
いつも寝る場所は、布団にもぐって私の足の間^^;
頭もクルクル回転良く、りきに時間かかって教えたこともすぐに覚えます。
根っからのお仕事犬、クレートの扉を開けて入るのも、散歩後みんなの道具を片付けるのも、あみのお楽しみ。

せっかちちゃんなので、レッスン会場には駐車場に着くや否やダッシュ
習ったことはサクサクこなす我が家で一番モチベーションの高い女の子。


その反面、股関節形成不全、多発性脊椎炎、3歳の頃からひどい皮膚アレルギー。
1歳半で前歯を折り抜歯手術、その後3度ボールを飲み込み2度の開腹手術。
原因不明の(おそらく免疫疾患)皮膚が広範囲で壊死してしまい2度の修復手術。
その後食生活を変え、アレルギーがだいぶ良くなったと思いきや、肥満細胞腫が発症してしまいました。
病気のデパート状態。
幸か不幸か病院は大好き。。。
診察台の上に乗れば、局所麻酔の耳の腫瘍摘出オペも最後まで大人しく受けていました。


と、ここまで書くと体が弱い所以外、なんていいこなのーーーと思いますが、いやいや色々満載なんですよ。。。

その話はまた次回~

うちの子紹介 その3 笑歩(えぽ)

Posted by ARZEmom on   0 comments   0 trackback

我が家の三男、ボーダーコリー笑歩(えぽ)です。



縁あって、5月17日からトライアル二週間を経てBCRNさんより譲り受けました。

推定三歳と聞いてましたが、妙~に落ち着いてる感じが。
掛かりつけの獣医師に診せると、7~9歳じゃないかと~。
三歳からいきなり9歳じゃぁあまりに可哀想なので、りきより下、Zenより上ということで6歳にしました^^;


えぽの過去はまったくわかりません。。。
埼玉の警察で保護、飼い主が現れずセンターに送られたそうです。


現在我が家に来て三ヶ月を過ぎ、良くも悪くも色々な面をみせてくれてるえぽくん。

また私の新たな先生が参加です

ウチのこ紹介 その2 Zen(ぜん)

Posted by ARZEmom on   0 comments   0 trackback

りきの弟紹介です~

次男 Zen
犬種 ノーフォークテリア ♂
2008年12月28日 生まれ 3才8ヶ月



Zenがわが家に来たきっかけは、りきやあみのレッスンでお世話になっていた先生からお声をかけて頂いたことからでした。

『プライベートでパピーレッスンをしていたお家で、飼いきれないからブリーダーさんに返すというこがいるけどどう?』

当時小ぶりだけど大型犬二頭、さらに長女あみは他犬が苦手。
怖がって固まる、隠れるではなく、不安で先に攻撃するタイプでした。
りきを迎えた時は、唯一仲の良い犬友が未去勢のフラットオトコのこということもあり、ひと月もすると慣れました。
体もあみより大きいので、ケンカになっても致命的なことにはならないだろうとも思いましたし。

しかし、初めに会った時、Zenは五ヶ月とはいえ『ねずみ⁈ モルモット⁈』の大きさ。
気を付けなければ私たちが踏みつけちゃう恐れもあるくらい。

あみの最も攻撃対象になるこは、小さくて毛むくじゃら、チョロチョロしててギャーギャー騒ぐこ。
まさにビンゴ!といったこがZen


義母が仕事を辞めたあと、散歩に行きたいわ~と言ってましたが、長年犬飼いしてたけど、りきとあみでは100%ケガをします。
色々不安はあるけれど、もうすぐあみも八歳。
若いコを迎えるには今か⁈と思い決断しました。

結果?、なんとりきの時よりも早く、二週間でお互いフリーでいられるように(^^)
すでにTタッチやバッチフラワーレメディーを行っていたので効果があったのだと思います。

とは言え、あみのZenへのマナー指導はあみが亡くなる直前まで続くのですが^^;

と、まぁ三歳過ぎても落ち着くことを知らない勢いで爆進中です!

趣味はオモチャ遊び (破壊ともいう)
特徴、ムダに頭が回る事
トリックを覚えさせたら我が家で一番♪

チビだけど態度がデカイ三男坊、よろしくお願いします

ウチのこ紹介 その1 りき

Posted by ARZEmom on   0 comments   0 trackback

とりあえず、我が家のメンバーを紹介します

長男 りき ♂
犬種 フラットコーテッドレトリバー
2004年3月12日 生まれ 8歳5ヶ月

人も大好きワンコも大好き
積極的過ぎて嫌がられることも…
他のこに怒ったことがないワンコにも吠えられる始末。
気はいいんだけど、空気読めない系~
細かい事にはこだわらなく大らか、だけど音に敏感でつい吠えちゃうとこも。
ジャニーズでいえば、タッキーになって欲しいのに、どちらかというと関ジャニ系。
お笑い街道真っしぐらです。

はじめまして(^^)

Posted by ARZEmom on   0 comments

ブログお引越ししました~


わけあってBloggerからはお引越しできませんが、思い出す限り 笑歩(えぽ)を迎えてからのことを書いていきたいと思います。


また、他の家族やお仕事の話も載せていきますので、どうぞお付き合いよろしくお願いいたします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。