笑って歩こう!

2012年5月から新家族になった保護犬 笑歩(えぽ)と先住犬 りき&Zenの様子です

About we

家族はフラットコーテッドレトリバー りき10才、ノーフォークテリア Zen(ぜん)6才、ボーダーコリー 笑歩(えぽ)推定8才&2011年11月にお空に帰ったラブラドールレトリバー あみ 享年9才9ヶ月

わんSの話、ハハのお仕事話しを綴っています  

スポンサーサイト

Posted by ARZEmom on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もお世話になりました

Posted by ARZEmom on   0 comments   0 trackback

年々、日にちが経つのが早くなったと感じていますが、今年も残すところあと数時間。。。

どんな1年だったのか、最後くらいちょっと振り返りつつ。

まず、1月からテリントンTタッチ デビー先生ワークショップ企画開催。
今思えば集客や手配などで12月の今頃は慌ただしかったな~。
おまけに来日の時は関東地方は大雪(+_+)
中止にするのか、決行するのか、ドキドキの状態でした。
(無事に開催することができました~)

2月は毎年恒例のお仕事月。 ほとんど2月の記憶はありません・・・^^;

3月もTタッチワークショップ、7月もワークショップ、11月も~~~。
セミナー・ワークショップ企画・

プラス愛護センターで、保護活動を行っている方や里親さんになられた方のためのワークショップを始め、またドッグトレーナースクールさんでコースを担当させていただきました。
個人的にもジョーカーさんで毎月クラスを開催し、雑誌「愛犬の友」さんにも紹介していただきました。



嬉しいことに、振り返ればTタッチ三昧に近い、いつも考えている状態だったかな♪

余談ですが、Tタッチのプラクティショナーコースやアドバンスコースに参加すると、アニマルストーンをいただきます。
これはコース最終日に中が見えない袋の中から1つ石を取り出します。
その石には動物や天使、様々な絵が1つづつ描かれています。
今年の7月、アドバンス終了後にひいた石は「バタフライ」
意味はトランスフォーメーション「変化」
さなぎから蝶に変化するように、さらに次のステージを見つけるために目を向ける。
この時は、プラクティショナーP1からP2に認定され、手にした石でした。
そして11月にコースアシスタントで参加した時にひいた石は「かえる」
「浄化」を意味します。
注意散漫を取り除いて、曇りのないエネルギーを補充すること。
なんとこれも今になって気づいたのですが、コース直前、12月から勉強中のセッションを受けていました。
まさにこのキーワードと重なる・・・

何も考えず、ただTタッチだけを学んでいた時、毎回ひく石はその時々に意味のあるメッセージ。
呼吸を意識することを学びにきました、というと「イルカ」

あみが生きてコース最終日に参加できた時は平和を意味する「ディアー(鹿)」
(すべてを癒す、柔軟性)
コース半ば、いろんなことがあって疲れてしまい、もうやめようかと思った時に「さそり」
(新しい環境に順応して明確な方向性を)

恐るべし!アニマルストーンです。
こんなこともTタッチの楽しみです~。



と余談が長かったですね^^;

で、前述したように、新しい取り組みも始め、またまたくじけそうになるかもしれませんが、何事も楽しんで人生学んでいければオッケー(ローラ風に)でいきたいと思います。
あ、、、来年の抱負になっちゃいました(笑)

ということで、みなさま今年もたくさんお世話になりました!!
良いお年をお迎えくださいね~!(^^)!



あ、いけないいけない。
この方の誕生日忘れておりました(⌒-⌒; )



Zen 28日に5歳となりましたー。
りきにいちゃんを牛耳り、俺さま街道まっしぐら。
将来が末恐ろしい。。。いや、頼もしいこです(笑)
元気が一番!
。。。毎年これ

ってなことで、今年もありがとうございました

スポンサーサイト

クリスマス オルゴールコンサート

Posted by ARZEmom on   0 comments   0 trackback

ちょいと前のお話ですが、先日2年ぶりにクリスマス オルゴールコンサートに行ってきました。
私とオルゴール。。。ってなんだか結びつかないようですが~^^;



オルゴールといってもバレリーナがクルクル回るものではありません(笑)
モーツァルト効果を超えるという「オルゴール療法」なんですー!
(「オルゴールは脳に効く」佐伯吉捷氏著)
精神や感情的なものから身体面にまで良い影響を及ぼします。
オルゴールの音色ってと~てもリラックスしますが、それ以上に素晴らしい効果があります。


(今年のコンサート会場風景 他にも大きなアンティークオルゴールが数台ありました)


さて~、なぜオルゴール?かと申しますと~
ウチにもあります、セラピー用オルゴール。
スイス リュージュ社製です。



購入したきっかけ。。。もちろん(?) あみのため。
肥満細胞腫グレードが最悪と判明してから、様々な治療を行って安定したかと思いきや再発。
なす術がなく、少しでも痛みや精神的な苦痛を和らげたいとネットで探しまくっていたらたどり着きました。
その日は土曜日、丁寧に扱わねばならぬ品物なので配送も1週間はみてくださいと言われたのに、1日でも早く!と強引に頼み、月曜日には届けていただきました。
なんでそんなに焦ってたんでしょうかね~^^;

早速オルゴールのネジを巻き奏でてみると、今まで聴いたことのない音色でした!
これは脳に響きますね~。
あみも嫌がることなく、スヤスヤ寝てくれていました。


(表面は素敵なデザイン♪)

それから約2か月後の11月28日にあみは旅立ったのですが、いつもうちの子たちがお世話になっている先生の病院にお邪魔していたら、なんとオルゴール療法研究所にお勤めの方とお会いしました!
先生は私がオルゴールを購入したことも知らずにいらしたのに、その方を紹介してくださったんです。
その日はおうちのこの診察にいらしていたそうです。
研究所は大阪なので、横浜でお会いできるとはビックリでした。
(横浜元町にも研究所があると、その時にうかがいました)
それがご縁で、あみが亡くなった10日後、私の誕生日と同じに日に行われるクリスマスコンサートに招待していただき、そして今年も四ッ谷 紀尾井ホールまで行ってきました。

なんともミラクルなお話です。
私的にはあみが「か~さん、ご苦労さん」とプレゼントしてくれたのだと思います。
しばらくはオルゴールの曲、パッヘルベルのカノンを聞くとあみのことを思い出して辛くなる日もありました。
が、最近はせっかく持っているのに勿体ない!とせっせと使い始めました。
たまに頭が痛いとき、すっきりしない時に抱えて聴くと楽になります。

犬のために何が出来るのか~と思って探し始めたことが、すべて自分や家族の健康のためになっているんだなとまた改めて気づきます。
そしてたくさんのご縁を運んでくれますね~。
動物たちのいない生活は考えられない・・・ウチは特にわんこですが^^;


(病気だけどモリモリ食べてた頃のあみ♪)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。